パーソナルスタイリストの将来性って?

【パーソナルスタイリストの将来性は?】顧問弁護士というのがありますが、ファッションのアドバイスの顧問として雇われるのがパーソナルスタイリストです。
今は「個の時代」とも呼ばれていますから、個人がファッションやスタイリングのために顧問として専門家を雇うことは今後次第に多くなると予想できます。
ましてやファッション界では「H&M」や「ユニクロ」のようファストファッション全盛時代ですから、こうした安い服を着てどれだけかっこよく見せるかが重要な課題になってきます。
したがってこういった分野でもスタイリストの活躍が期待されているのです。
また個人でもお金を持っている人はどんどん増えていますから、そんな人が女性と高級レストランに行くのにどういった服装をしたら良いかわからないとか、女性にもてるにはどんな服装が良いかが分からないので専門家に相談してみたい、と思う人は次第に多くなるのではないでしょうか。
人というものは豊かになれば服装や食事に関心を払うものなのです。
いささか希望的な観測ですが、こういった観点からもパーソナルスタイリストの将来は明るいと思えます。