カラコンで目が酸素不足に?

目は常に呼吸をしているので、カラコンかぶせてしまうことで酸素がスムーズに行き渡らなくなり酸素不足になってしまうことがあります。
カラコンは、着色料が入っている分通常のコンタクトレンズに比べて酸素を通しにくく、目にかかる負担が大きくなってしまいます。
目が酸素不足になると、さまざまな疾患が残ってしまう可能性もありますので、カラコンを選ぶ際には酸素透過率の高いものを選ぶようにしましょう。
また、カラコンは使用後にきちんと洗浄をする、使用期限を必ず守る、毎日長時間の装着はせずに目を休ませてあげる、ということも気をつけましょう。
目が疲れやすくなったり、ゴロゴロとした違和感があるという場合には、しばらくカラコンの装着を控えた方が良いかと思います。