カラコンの付け心地というのはレンズの酸素透過性によって変わります

カラコンの付け心地は、そのコンタクトレンズの酸素透過性によって違いが出てきます。
目に直接カラコンを入れるわけですから、分厚くて酸素透過性が低いレンズですと瞳に蓋をされたような状態になってしまい、付け心地が悪く目が乾きやすくなったり、違和感や痛みが出てくることもあります。
そのため、カラコンを選ぶ際には酸素透過性の高いものを選択するようにしましょう。
毎日カラコンを使用しているという方ですと、特につけ心地の良いものでないと、目に負担がかかってしまい今後カラコン入れられなくなってしまうこともあるかもしれません。
オシャレのためだから仕方がないと我慢するのではなく、品質の良いカラコンを使えば安全にオシャレ度を高めることができるのです。