ミックスローンのメリットや採用される理由にはどんなことがある?

ミックスローンとは、主に住宅ローン等で高額のローンを組む際に適用される事のある支払金利の決定方法の1つです。
具体的には、変動金利・長期固定金利・当初固定金利等の金融機関が提供する金利決定方法の中から複数を選択し、ローン全体の中で各金利の適用割合をも決定します。
形式上は、其々の金利設定のローンを個別に契約して複数のローンを同時に組む形となります。
一見すると煩わしい手続きを踏んでいるようにも見えますが、こうしたミックスローンの手法は一般的に採用されています。
その理由は、金利負担に関連するリスクヘッジに繋がるからです。
例えばローン全額を長期固定金利とした場合、金利上昇のリスクからは解放されますが金利そのものは高い設定となります。
一方で変動金利を全額に採用した場合、金利水準によっては支払額の低減に繋がりますが金利上昇時には多大なリスクを背負います。
そこでミックスローンを活用し複数の金利設定をする事で、下降時のメリットもある程度享受しながら上昇時のリスク軽減にも繋げる事が出来る為に、採用されるケースが多いのです。
三菱東京UFJ住宅ローンタイプ別金利!優遇処置比較!【どれだけ得?】