銀行カードローンでは年収1/3を超える融資でも受けられます

消費者金融系カードローンや銀行系カードローンは「貸金業」と呼ばれる業種で、貸金業法という法律に基づいて営業しています。
これらのカードローンは、バブル時代には「サラ金」と呼ばれていた金融業者で、手軽に高額の融資を受けられることから借金地獄に陥る人が多かったため、2010年に「総量規制」という規制が設けられました。
これは、貸金業者は借り手の年収の1/3を超える融資を行ってはいけないという法律で、借り手が受けている融資の総額に対して規制する法律です。
一方、銀行もカードローンを提供していますが、こちらは「銀行法」に基づいて営業しているので貸金業法は適用されません。
従って、総量規制もかかりませんから年収に関係なく借り入れができます。
みずほ銀行カードローン水商売でも借りれる?【審査基準は?】